FC2ブログ
日常のなんてことないことを、南カリフォルニア・サンクレメンテ市(San Clemennte)より発信させていただいております
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
2013/09/28
17:04:03
人ごみが苦手で、Barrel junky な野生児の場合。

Surftrip の行き先は、Namibia だったりする。

Let's go!

Untitle-1.jpg

砂漠を、Driveしよう。

2013092801.jpg

野生の Flamingo、本当にいるんだな。

2013092802.jpg

Lifeline が、全くない。= 失敗は、命取りになるってこと。

20130092803.jpg

Safari Park じゃないよ。

Untitle-4.jpg

やっと海辺についたら、こんなに沢山のLocalが!

それは、何を意味するかっていうと。

2013092803.jpg

弱肉強食。自然の掟。

Untitle-5.jpg

鮫って、ふなっしーよりもJUMPするのね・・・

もちろん、貸切。

Untitle-2.jpg

Shark のエサにならなくて、一安心。

Untitle-3.jpg

誰にも邪魔されず、もういいやってほど、大好物の Barrell を堪能できたみたい。

2013092805.jpg

今回も、無事でよかったです

2013092806.jpg
pix by Ian Battrick

次の旅は、Iceland へ2週間だそう・・・
そこも、空いてるんだろうな(σ・ω・)σブルッ


Lovely of the day (Surf trip survival story)

2013092804.jpg

SEIGNOSSE Le Penon, France で開催中のASP・WCT第8戦『Quiksilver Pro France』DAY2の模様は、波通からどうぞ。

ちなみに、このZambiaを旅したIanさん。
今年の夏はこの会場の近くで、VAN中泊生活をし、波乗り三昧したということ。
周辺はいくつもいいBankがあって、選び放題なのだとか。

お気に入りのブレイクの前に、好きなだけベッドルームごと滞在しちゃうスタイル(野宿ともいう)。
いつか自分も、そんな旅ができたらいいな。まずは、BAJAかなぁ☆



Category:Surf trip survival storyコメント:0│ トラックバック :--
2013/01/20
12:39:21
2013年1月。
午前11時に夜が明け、夕方の4時には日没。
この季節、日照時間はたった5時間という Iceland へ旅をした、英国人サーファー Ian Battrick。

2013011904.jpg

Iceland の宿泊は物価が高いため、彼が選んだ寝床は、フォトグラファーの Tim Nunn と共に雪のなか車中泊。

2013011907.jpg

名前の通り氷に覆われたこの国で、海に入ろうという過酷なSurfing。

2013011905.jpg

それでも、外で生着替えをし(バスタオルを忘れちゃったんだって)

2013011906.jpg

バレルに包まれる。

2013011903.jpg

混雑とはまるっきり無縁の、波に乗る時間。

Ian と Tim のコンビが旅するのは、冷たい波の場所ばかり。

2013011909.jpg

そんな彼らの集大成が、1冊の本になりました(こちら。届きましたら、追って感想をご報告させていただきます)

2013011902.jpg
氷水のなか、グローブなし・・・

今回のアイスランドは、彼が主宰する Lunasurf から発売されている自身のオリジナルウェットスーツのテストも兼ねていたとのこと。

6mm x 4mm でフード付きだったにも関わらず、まるで 3mm x 2mm だったかのような動きやすさだったよう。
しかも。この氷水のなかで、3時間続けてサーフできたというのだから、保温性は◎

ちなみに。San Clemente の Christian Fletcher も、最近はこのウェットスーツを着ているよ

彼らがここ数年、狙っているのは・・・真冬の北海道なのだそう。
とはいえ、日本へは行ったことがないし、もちろん北海道の波の知識も情報も無い。

2013011908.jpg

もしも彼らをWELCOMEしてくださる北海道サーファーの方がいらしたら、ぜひご一報くださいませ。
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


Lovely of the day

2013011901.jpg

Miss Mafia☆



Category:Surf trip survival storyコメント:2│ トラックバック :--
15:38:01
「3週間後に迎えにきてね!」

という約束だけを残し、彼らを乗せた水上機(水面上で離着陸できる小型飛行機)は見えなくなっていった。

そこはカナダの大自然。

l1.jpg

人が住んでいるわけもなく、もちろん車でそこへ向かうための道もない。

文明からは遥か彼方となる秘境の波を求め、ティミー・ターナー、イアン・バトリック、ラフそしてラム・マンの4人のサーファーは、ウェットスーツ姿でその地に到着します。

l12.jpg

なぜなら、水上機からキャンプへの荷物の搬入は、頭の上に荷物を掲げながら、冷たい水につかってという方法だったから。

水の中ではシャチやアシカ、アザラシや鯨までもが共存。
これらが突然現れた人間に向かってこなかったこと、そして上陸を果たす際には、そこを漁場とする熊が襲ってこなかったことも、ラッキーなスタートといえるだろう(イアンはこのカナダに到着する直前、インドネシアの恐ろしい大地震に襲われましたが・・こちらも無事、通過)

何が起こっても、3週間は電話やネットといった、通信手段はない状態。
クルー全員の知恵と経験、そして持ち込んだ、ほんの少しの文明が全てという野生的なサーフトリップが、そこにはありました。

彼らはサーフィンよりもまず、明るいうちに生き延びるための環境を整えます。
水道は川の水を利用、食料用に魚釣り、料理と暖・灯りとりのための薪を調達。

l2.jpg

お手洗いは・・そこいらへん(笑)

道中、そのお手洗で恐ろしい目に遭ったのは、フォトグラファーのシャーピー。

海を見ながら用を足していたら・・・たった5m先に巨大熊が出現。

シャーピーはその熊と目が合ったまま、5分間微動だにできない状態。

それでも熊は全く動く様子がないので、下半身はそのまま、意を決してジワジワとすり足で移動。キャンプへどうにか戻ります。

この時点でも、キャンプと熊はまだ10mの距離。相変わらず離れる気配がなかったので、ラム・マンが、とうとう猟銃で威嚇射撃!

すると・・逃げるどころか、今度は両足で立ち上がった!!

ドキドキしながら威嚇用の爆竹を鳴らすと、やっと退散。

グリズリー・ベアー。

l11.jpg

同じ森に寝床を構え、漁場を拝借していたのですから、新たな住民に興味を示すことは当然こと。

それでも万が一襲ってきたら・・彼らはどこへ行くにも、常にライフルとともに行動しました。

l4.jpg

こちらはキッチン。

l5.jpg


釣り上げる魚が鮭ばかりなので、朝食、ランチにディナーと、ひたすらシャケのごちそう。

l7.jpg

どうりで、グリズリーが好んで生息するわけです。

ちなみに食器は、薪も兼ねた木製なのだ。

l6.jpg

日が沈むと。夜行性のオオカミも付近へやってきて、遠吠え。
ある夜には、テントの外でクーガー(アメリカ・ライオン)による喧嘩さえありました。

そんななか、いよいよ最初の大きなウネリが到達!

l10.jpg

そこで目にした光景は・・まるで無人のハワイ・バックドアのよう。

ダブルアップして底掘れする、リーフブレイク。

l9.jpg

猟銃をサーフボードに持ちかえ、ラインナップへ向かいます。

文明と距離をおき、命を自然にさらした危険と引き換えに、海藻だらけのバック・ドア波を貸切で堪能することに成功したのです。

l8.jpg

異なる国籍同士で過ごした、ワイルドライフの3週間。

猟銃で実際に森の生物を撃ち抜くことや、熊に襲われることもなく、威嚇射撃のみで無事帰還。

この旅で一番恐怖だったのは、海獣や猛獣ではなく、ティミーが干潮時にリップとともにボトムに打ちつけられ、被っていたヘルメットが割れたときだそう。

l3.jpg

実はティミー。雨のハンティントンのバクテリアからブドウ球菌感染症にかかり、過去に6回もの脳手術を受け、再び海へ戻ったサーファー。

誰もが彼の脳のことが一番心配でしたが、医者もライフラインもない場所で、肋骨を数本折ったまでだったのは、ある意味奇跡。

そう、彼らは再び生き延びたのです。

「本当によい波になったのは、たった3日間だけでも。そこにはたとえようのない、素晴らしい価値がありました」-Sharpy

この物語は、ノンフィクションです。

Category:Surf trip survival storyコメント:0│ トラックバック :--
プロフィール

Tommy

Author:Tommy
こんにちは、管理人の深谷朋民(Tomomi Fukaya)です。
日本では神奈川県藤沢市の辻堂に在住し、JPSAプロサーファーとして活動していました。
2008年より渡米。旅行では見えなかったアメリカの不思議や面白いと感じたことを、ジャンルを問わず発信できたらいいなぁと思っています。
birthday: september 5
music: 90's rock, skunk,startrak sounds
nationality: Japanese
born: Tokyo
home break: Tsujido
currently: San Clemente
favorite: comfortable couch, sparkle, purple, sushi, beer, wine, calm and warm, reef break, island style...∞
どうぞよろしくお願いします☆

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR